高校生におすすめの英語の参考書

入学して間もない新入生の高校生。

もしくは、今年受験生になった3年生。

自分が思うおすすめの英語の参考書を紹介しようと思う。

自分が社会人になってから英語をやり直し始めたのもあり、時期的に今がおすすめするのにちょうど良いかなと思って。

 

まずはこれ。

英語学習者の間では鉄板バイブル。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

授業で分からないことがあったら随時これでその分からなかったところを確認するという使い方が良いかと。

もしくは授業でやったところを復習するときにこれを見たり、予習したりなど。

これがあれば他の英語の総合的な参考書は要らない。

 

 

次は文法の参考書でおすすめなやつ。

 

 

これが本当におすすめ。

説明も丁寧で分かりやすい。まとめ方もすっきりしていていい。

演習問題も理解しやすい良問揃い。

解説書の説明も分かりやすいから、間違えた時なんで間違えたのか分かるのがいい。

 

 

ヒアリングとスピーキング力を鍛えるための参考書でおすすめなのはこれ。

 

NHKラジオ 基礎英語1 2017年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)
 

 

 

NHKラジオ 基礎英語2 2017年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)
 

 

 

NHKラジオ 基礎英語3 2017年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)
 

 

NHKラジオ講座、基礎英語が本当におすすめ。

パソコンもしくはスマホで聴ける。

平日毎日15分という短時間で良質な話を聞ける上に、ヒアリングとスピーキングがかなり鍛えられる。

しかも、平日毎日あるから必然的に毎日英語を聞く習慣が身に付くからそれが一番のメリット。

 

 

次は単語集。

これは何を重視するかによるんだよねぇ。

センター特化で一番センターに使われる単語が多くのってるシス単を使うか、センターにも対応出来てかつ自分の好みのものを使うか。

自分は社会人で英語やり直し組だから、どちらでもなく覚えやすそうな単語帳でかつTOEICを意識したものを使ってる。

それでおすすめなのを紹介しようかと。

 

まずは覚えやすさ重視で使ってるやつ。

 

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

 

 

淡々と単語と意味だけを読み上げるCDがかなり苦手な自分が唯一まともに最後まで使い切った単語帳。

チャンツという独特なリズムと共に英語と意味を発音してくれるキクタンシリーズ。

音楽好きや淡々と読み上げられるのが苦手な人に本当におすすめ。

リズムにのってるからか覚えやすいんだよねこれ。

 

次に、語彙力重視で使ってるやつ。

 

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 

 

DUO 3.0 / CD復習用

DUO 3.0 / CD復習用

 

 

最近結構使ってる人が多いDUO。

これはキクタンみたいな単語だけとは違って、短い文章で覚えていくタイプの単語帳。 

文章形式だからそこまで淡々としてないのもあって聴きやすい。

文章自体も使えるものがかなりあるので、文章事まるっと覚えると非常にためになる。

 あと章によるけど、会話っぽく繋がってるところがあってそこがかなり覚えやすい。

 

以上が、自分が実際色々買って使ってみた中で今も使い続けている英語の参考書。

かなり厳選した上で残ったものだから、使い続けられるという点においてはかなり秀逸な参考書だと思う。

 

ただ、あくまで基礎固めに適してる参考書だから、応用だとか本格的に受験用のものは別で探してもらうのがいいかな。

基礎固めには上記であげたものをひたすらやり続けたらかなりいい線いくと思う。